よこすか満喫きっぷで回る日帰り横須賀観光モデルコース

三笠公園にある戦艦三笠観光
観光

こんにちは、 奥さんに、「最近旅行に行ってないね」とぽそりとつぶやかれたさとさんです。

冷や汗をかきながら 、前から横須賀観光に誘おうと思ってたんだよねとフォローを入れ、急遽楽しい横須賀観光に行くことに。
そこで、以前から気になっていた「よこすか満喫きっぷ」を使って横須賀観光に行ってきたので、おすすめ観光スポットや観光ルートを紹介します。

よこすか満喫きっぷとは

よこすか満喫きっぷは、京急電鉄が提供している切符で、横須賀をお手軽に楽しめるよう以下の三点がまとめて購入できるようになっています。

  • よこすか満喫きっぷ A -> 電車・バス乗り放題券
  • 満喫きっぷ B -> 食事券
  • 満喫きっぷ C -> 施設入場券

切符は、購入する駅によって値段が異なります。
最も使われそうな駅、品川や京急川崎からだと3,050円です。
詳しくは、公式ページをご覧ください。

よこすか満喫きっぷ | おトクなきっぷ | 京浜急行電鉄(KEIKYU)
よこすか満喫きっぷのご紹介。京浜急行電鉄のオフィシャルサイトでは運行状況やご利用案内の他、周辺地域の観光情報を掲載しています。

先に言ってしまうと、個々に料金を払うより、よこすか満喫きっぷを買った方が圧倒的にお得でした。

よこすか満喫きっぷを使ったモデルコース

それでは、実際によこすか満喫きっぷを使って、横須賀を観光してみた観光ルートをモデルコースとして紹介します。
※モデルコースなんて言ってますが、営業時間に間に合わなかったところもあるので、そのあたりは改善点として注釈を入れます(´;ω;`)

ざっくりとした観光ルートは次の通りです。

  • 京急川崎駅 ~ 横須賀中央駅
  • ポートマーケット
  • 三笠公園
  • 昼食「HONEY BEE」
  • どぶ板通り商店街
  • ヴェルニー公園
  • 走水神社
  • 観音崎灯台
  • 浦賀駅 ~ 京急川崎駅

一日で回るには大分詰め込みすぎている気もしますが、交通網が便利なので意外と大丈夫でした。
それでは、観光スポットの回り方を紹介していきます。

京急川崎駅スタート

まずは、京急川崎駅できっぷを購入します。

まずは、京急川崎駅できっぷを購入します。

クレジットカードが使えないことを知らず、なけなしの現金で購入することに。
京急川崎だと一人3,050円ですので、準備をお忘れなく。
切符が3枚出てくるので、絶対に無くさないようにしましょう。

切符が3枚出てくるので、絶対に無くさないようにしましょう。

8時39分の京急川崎駅発、9時13分横須賀中央駅到着の三崎口行きの快特に乗りました。

電車に乗っている途中、金沢八景で高架点検のため、10分ほど停車しましたが、無事運転再開。
旅行の初っ端からとんでもない目に合うのかと、ドキドキしました。

横須賀中央駅

横須賀中央駅には初めて来ましたが、駅前にショッピングモールなどがあり、予想外に都会的で、戦艦や海などとは無縁な雰囲気。

横須賀中央駅は都会的な雰囲気で戦艦とは無縁な雰囲気

このままGUにでもショッピングに行こうかという心持ちになります。

気を取り直して、まずは、ポートマーケットでどんな海産物があるのか拝んでいこうと、バス乗り場へ向かうことに。
改札前にあるバス乗り場案内を見ると、1番乗り場からバスが出ているようです。

改札前にあるバス乗り場案内を見ると、1番乗り場からバスが出ているようです。

改札を出てすぐ左手のエスカレーターを降りてちょっとまっすぐ行くと、バス停乗り場です。
降りる前に、横須賀海軍のマスコットキャラ「スカレー君」に旅の無事をお祈りしていきましょう。

降りる前に、横須賀海軍のマスコットキャラ「スカレー君」に旅の無事をお祈りしていきましょう。

お祈りしたら、エスカレーターを降りてバス乗り場へ向かいます。

3分足らずで、目的のバス停に到着します。
道端を水兵さんのような服を着て歩いている人が目に入ると、なんだかわくわくしてきました。

道端を水兵さんのような服を着て歩いている人が目に入ると、なんだかわくわくしてきました。

しかし、この後驚きのものを目にすることに、それは。。
ポートマーケット方面へのバスの本数の少なさです。

ポートマーケット方面のバスは一時間に一本

写真の右側がポートマーケットへ行く三笠公園方面のバスの時刻表なのですが、一時間に一本です。

幸い、9時45分のバスがすぐに来るようなので惨事を免れましたが、時間を間違えてきてしまうと、とても待つことになるので、ご注意ください。
とは言っても、ポートマーケットまで徒歩で15分程度なので、体力に自信があって天気が良ければ歩いた方がいいでしょう。

何となくバスに乗りたかったので、横須賀の街を感じながら待つこと5分、バスが到着しました。

ポートマーケット方面のバスは癒されるデザイン

普通のバスと違って、観光仕様になっています。
水色の生物がとてもキュートですね。

車内も普通のバスと違って、座席は15人分くらいとちょっと少なめ。
団体で来てしまうと、バスを占領することになるのでご注意ください。

座席数は15人分くらいと少な目

水色のかわいい生物に癒されつつ、10分ほどバスに乗ると、ポートマーケットに到着します。

ちなみに、この時点までは猿島に行く予定だったのですが、車内で猿島行きの船の運航状況を調べたところ、”強風のため全便欠航”の文字が。
奥さんの気持ちも荒れ模様の中、バスは進んでいきます。。

以下のサイトで運行状況が確認できるので、みなさんも猿島に行く際は事前にチェックしておきましょう。

【TRYANGLE WEB】YOKOSUKA軍港めぐり / 無人島・猿島 / ヨコスカBBQ のトライアングル
横須賀・三浦半島の観光情報サイト

ポートマーケット

9時55分、ポートマーケットに到着です。

ポートマーケットに到着です。

休日なので混んでるのかと思いきや、そうでもありませんでした。
他の客層を見ると、観光客というより、普段使いのスーパーとして利用する人が多いようです。

カメラ片手に観光客感を醸し出しながら待つこと5分。
開店時間の10時に集まっていた10人くらいの方と一緒に店内に流れ込みました。

店の中は、海鮮メインかと思いきや、肉に野菜と一通りのものが売られています。
シラスやキャベツ、トマトが安かったのが印象的でした。

ポートマーケットの店内は市場のよう

お土産コーナーもあるので、帰り際に立ち寄って買うのもよさそうです。
ばらまきように、横須賀カレー煎餅お目当ての人はぜひこちらで。

お土産の横須賀カレーせんべい

ちなみに、ポートマーケット内にはイートインもあるので、買ったものをそのまま食べられます。
海鮮丼があると知っていれば食べたかったのに、知らずに朝ごはんを食べてきてしまって腹八分の私は、暑さと悲しさを吹き飛ばそうと、ふと見つけたジェラートのお店へ。

「横須賀ジェラートファクトリー」というこの辺では唯一のデザート屋さんのようです。
ショーケースには色とりどりのジェラートが陳列されていました。

「横須賀ジェラートファクトリー」というこの辺では唯一のデザート屋さん

私は、ミルクと海軍コーヒーの2カップ(400円)を購入。
ミルクの甘さと、海軍コーヒーのあっさりした苦みが相性抜群でした。

私は、ミルクと海軍コーヒーの2カップ(400円)を購入。

他にも、ドブ板チョコレートや塩トマトといったおいしそうな味があったので、次回は是非試してみたいと思います。

ジェラートを食べて涼んだところで、10時30分になりました。
次の目的地、「三笠公園」に向かいます。

コメント

  1. アンダーソン君 より:

    こんな便利な切符があったんですね。
    よく横須賀方面に行くので次回試してみたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました