パナソニック食洗機の分岐水栓を自分で取り付ける手順を詳しく解説

パナソニック食洗機の分岐水栓取り付けガジェット
ガジェット

こんにちは、さとさんです。

この度引っ越しをしたのですが、新しい賃貸物件で、パナソニック食洗機を使うための、分岐水栓の取り付け作業にてこずってしまいました。

備忘もかねて、今回はパナソニックの分岐水栓を自分で取り付ける手順を、写真付きで詳しく解説します。

今回説明する手順で使う水道の品番は「TKG33U2RX」で、適合する分岐水栓は「CB-SSC6」です。

CB-SSC6以外でも、パナソニックの分岐水栓ならどれも似たような手順ではありますが、異なる型の分岐水栓を取り付ける手順は、マニュアルを参照してください。

作業時間の目安は1時間ほどです。

まずは、事前に用意するものから説明します。

事前準備

用意するもの

ウォーターポンププライヤー 250mm
イチネンネット
¥ 590(2021/04/03 12:58時点)

今回紹介している手順ではモーターレンチは使っていませんが、水栓がカルキで固まっているなどの理由で外れない場合、モーターレンチを使うと外せることが多いので、持っていると安心です。

細かい部品を取り扱う場合があるため、ピンセットがあると便利です。

水道の止水栓または元栓を締める

分岐水栓を取り付ける作業に入る前に、作業中に水が飛び出てこないよう、水道の止水栓・または元栓を締めます。

元栓を締めると、家全体で水が使えなくなってしまうので、止水栓を締めて作業することをおすすめします。

止水栓は、水道の下の棚の奥にあり、多くの場合蛇口がついています。

止水栓は、シンク下の収納の奥にあります。

蛇口を時計回りに、それ以上回らないところまでしっかり回して止水栓を止めます。
二本ある場合は、片方が水で片方がお湯なので、両方とも回します。

ただ、構造上止水栓が操作できない水道もあるので、その場合は元栓を締めましょう。

元栓は、賃貸だと玄関の扉を出てすぐのところにある扉を開けたところにあります。

下の写真の例だと、丸い蓋がついているのが水道メーターで、そこから左側に伸びているパイプに、赤いバルブがついています。
これが元栓のバブルです。

賃貸の水道メーターと元栓

時計回りに回すと、元栓が締まります。
バルブが固い場合は、軍手やレンチなどの道具を使いましょう。

水が流れないことを確認したら、分岐水栓の取り付け作業に入ります。

分岐水栓の取り付け作業

まず、水道のレバーハンドルを取り外します。

ハンドルの根本を持って、上に引き抜くと簡単に外せます。

次に、レバーハンドルの下のカートリッジ押さえを外します。

まず、カートリッジの上部にある白いストッパーを、ピンセットなどで上方向に取り外します。

外れたら、カートリッジ押さえ本体を半時計回りに回します。
手で回らない場合は、ウォーターポンププライヤーを使うと簡単に回せます。

カートリッジ押さえを外します。
水道のカートリッジ押さえが外れた画像

続いて、カートリッジ本体と、パッキン、バネを取り外します。

カートリッジは、上に出っ張っている作動部を掴んで、上に引き上げると取り外せます。

カートリッジは、上に出っ張っている作動部を掴んで、上に引き上げると取り外せます。

パッキンとバネは、水栓本体に残っています。
写真の水栓本体底にあるオレンジ色の輪っかがパッキンで、その下にバネがあります。

パッキンとバネは、水栓本体に残っています。

これを、ピンセットなどで取り出します。

このパッキンとバネは、原状回復で再度取り付けるので、なくさないよう保管しておきましょう。

次に、シングル分岐を取り付けます。

シングル分岐の本体にも、先程の画像のようにパッキンがついていることを確認します。

そして、以下の写真のように、連結パイプと、シングル分岐と水栓の凹部が同じ位置に来るようにハブの部分を持ちます。
そのまま、連結パイプが、水栓本体内部の凹部にはまるように、下に押し込んでいきます。

シングル分岐を、水栓本体に差し込みます。

押し込みながら、ハブを左右に少し回して、ハブが回転しないところまでいったら、ハブの下の取付ナットを2〜3回回して、再びハブを下に押し込みます。

押し込みながら、ハブを左右に少し回して、ハブが回転しないことを確認したら、ハブの下の取り付けナットを2〜3回回してから、再びハブを下に押し込みます。

再度、取付ナットを手締めできつく締めたら、シングル分岐の取り付け完了です。

続いて、カートリッジをシングル分岐内に取り付けます。

カートリッジの凸部が、シングル分岐にはまる向きで持ちます。

カートリッジの凸部が、シングル分岐にはまる向きで持ちます。

カートリッジをシングル分岐に取り付けます。

カートリッジをシングル分岐に取り付けます。

動作部が手前側に傾いている状態が、正しい向きです。

動作部が手前側に傾いている状態が、正しい向きです。

カートリッジカバーを取り付けます。
上からかぶせて、時計回りに回しましょう。

カートリッジカバーを取り付けます。 上からかぶせて、時計回りに回しましょう。

続いて、カートリッジカバーのストッパーを取り付けます。
写真の向きで持って、カートリッジリブに合うようにはめ込みます。

カートリッジカバーのストッパーを持ちます。
カートリッジカバーのストッパーを取り付けた状態

レバーハンドルを取り付けます。

レバーハンドルを取り付けます。

カチッと音がするまで押し込みましょう。

以上で、シングル分岐の取り付けは完了です。

シングル分岐の取り付け完了

最後は、食洗機のホースと分岐接続します。

食洗機ホースとの分岐接続

シングル分岐の取り出し口に、フィルターパッキンを取り付けます。

落ちてこないよう、奥に押し込みます。

分岐にフィルターパッキンを取り付ける。

次に、分岐コックを取り付けます。

分岐コックの取り付け

分岐水栓側のリングを手で回して、分岐コックを仮止めします。

最終的にレンチでしっかりとネジを締めましょう。

最終的にレンチでしっかりとネジを締めます。

ネジを締めたら、分岐コックを閉じる側に回しておきます。

ネジを締めたら、分岐コックを閉じる側に回しておきます。

最後に、食洗機の給水ホースを接続します。

最後に、食洗機の給水ホースを接続します。

以上で、分岐接続完了です。

以上で、分岐接続完了です。

作業前に締めた、水道の止水栓・元栓を開放して、変なところから水がもれずに、きちんと水道が使えることを確認しましょう。

後は、食洗機を実際に動かしてみて、きちんと食器が洗えていれば、設置完了です。

パナソニックの食洗機の分岐水栓の取り付けまとめ

今回は、パナソニックの食洗機を使うために必要な、分岐水栓の取り付け方法について説明しました。

食洗機本体の取り付け、おすすめの洗剤などは、以下をご覧ください。

参考

分岐水栓取り付けマニュアル(公式)

https://s-yassan.xsrv.jp/zu/CB-SSC6-s.pdf

コメント

タイトルとURLをコピーしました