Ionic5+Angularでスマホアプリ開発 【Androidアプリビルド環境構築編】

Androidエミュレーターのアイキャッチプログラミング
プログラミング

前回は、Ionic+AngularJSでスマホアプリを開発するための、開発環境の構築方法について説明しました。

今回は、Androidアプリをビルドするための環境を構築します。

環境

項目
OSUbuntu 18.04
CPU6core Intel(R) Core(TM) i7-5820K CPU @ 3.30GHz
メモリ12 GB
ディスクサイズ100 GB

Android Studioのセットアップ

Android Studioのインストール

Android Studioに必要なパッケージをインストールしておきます。

$ sudo apt install canberra-gtk*

64bit版Ubuntuを実行している場合は、以下のコマンドで32bit用のライブラリをインストール必要します。
32bit版Ubuntuの場合、次の操作は不要です。

$ sudo apt-get install libc6:i386 libncurses5:i386 libstdc++6:i386 lib32z1 libbz2-1.0:i386

以下のページから、Android Studioのパッケージをダウンロードします。

Download Android Studio and SDK tools  |  Android Developers
Download the official Android IDE and developer tools to build apps for Android phones, tablets, wearables, TVs, and more.

ページ中央のダウンロードボタンをクリックすると、zipファイルのダウンロードが始まります。

Android Studioのダウンロードボタン

ダウンロードが完了したら、解凍します。
解凍先は、自身のユーザー用であれば、/usr/local、共用ユーザー用であれば/optに解凍するといいでしょう。

以下、/usr/localに解凍する場合として説明します。

ダウンロードしたzipファイルを/usr/localに解凍します。

$ sudo tar vxf android-studio-ide-192.6392135-linux.tar.gz -C /usr/local

zipファイルを展開したディレクトリへ移動します。

$ cd /usr/local/android-studio/bin/

Android Studioを起動します

$ ./studio.sh

ウィザードに従ってインストールします。

既存のAndroid Studioの設定を引き継ぐか選択できます。

既存のAndroid Studioの設定を引き継ぐか選択できます。

今回は新規なので、「Do not import settings」にチェックを入れてOKを選択します。

Welcomeメッセージを見たら次へ

Welcomeメッセージを見たら「Next」を選択します。

インストールタイプは、「Standard」のまま「Next」を選択します。

インストールタイプは、「Standard」のまま「Next」を選択します。

テーマは好きな方にチェックを入れて「Next」を選択します。

テーマは好きな方にチェックを入れて「Next」を選択します。

SDKコンポーネントのセットアップ画面です。 エミュレーターでアプリをデバッグしたいので、「Android Virtual Device」にチェックを入れます。 また、赤枠内の"Android SDK Location"は後々使うので、メモしておきましょう。

SDKコンポーネントのセットアップ画面です。
エミュレーターでアプリをデバッグしたいので、「Android Virtual Device」にチェックを入れます。
また、赤枠内の”Android SDK Location“は後々使うので、メモしておきましょう。
デフォルトでは、/home/ユーザー名/Android/Sdkになっています。

エミュレーターを使う場合は、KVMをインストールする必要がある旨記載されています。KVMは後ほどインストールします。 「Finish」を選択すると、コンポーネントのダウンロードが始まります。

エミュレーターを使う場合は、KVMをインストールする必要がある旨記載されています。KVMは後ほどインストールします。
「Finish」を選択すると、コンポーネントのダウンロードが始まります。

コンポーネントのダウンロード画面。
コンポーネントのダウンロードが完了したら「Finish」を選択します。

コンポーネントのダウンロードが完了したら「Finish」を選択します。

Android Studioの起動画面。

Android Studioが起動したら、インストール完了です。

KVMのインストール

Android StudioのAVDを有効にするためには、KVMをインストールする必要があります。

まず、お使いのCPUが仮想化技術に対応しているか確認しましょう。

$ egrep -c '(vmx|svm)' /proc/cpuinfo

0が表示された場合、仮想化技術に対応していないので、Android Emulatorは使えません。
0以外が表示された場合、以下の手順に従ってKVMをインストールします。

KVMとついでにadbをインストールして、ユーザーにkvm実行権限を追加します。
adbは、実機を使ったデバッグ時に必要なパッケージです。

$ sudo apt -y install qemu-kvm adb
$ sudo gpasswd -a "${USER}" kvm

設定を反映させるために、再起動します。

$ sudo shutdown -r now

以上でKVMのインストールは完了です。

環境変数の設定

Android Studioが使う環境変数を設定します。

ここで、先ほどのAndroid Studioインストール時にメモした、”Android SDK Location“を使います。

~/.bashrc、または、~/.bash_profileに、Android SDK関連のパスを追記します。

export ANDROID_SDK_ROOT=$HOME/Android/Sdk
export PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_ROOT/build-tools
export PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_ROOT/platform-tools
export PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_ROOT/emulator

設定を反映します。

$ exec $SHELL -l

以上で、Android Studioに必要な環境変数の設定は完了です。

Androidエミュレータのセットアップ

IonicでビルドしたアプリをPC上で動作させるためのAndroidエミュレータをセットアップします。

Android Studioを起動します。

$ /usr/local/android-studio/bin/studio.sh
画面右下の"Configure" -> "AVD Manager"を選択します。

画面右下の”Configure” -> “AVD Manager”を選択します。

デフォルトで最新のAPIのADVが登録されています。

デフォルトで最新のAPIのADVが登録されているので、再生ボタンを押してエミュレータを起動してみましょう。

再生ボタンを押してエミュレータを起動してみましょう。

画面のように、Android端末のエミュレーターがが表示されれば、正しくセットアップできています。

以上で、Androidエミュレーターのセットアップは完了です。

JDKのインストール

Androidアプリのビルドに必要なJDK8をインストールします。

$ sudo apt install openjdk-8-jdk

環境変数を設定します。

~/.bashrc、または、~/.bash_profileに以下を追記します。

JAVA_HOME=$(readlink -f /usr/bin/javac | sed "s:/bin/javac::")
export JAVA_HOME
PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export PATH

設定を反映します。

$ exec $SHELL -l

以上で、JDKのインストールは完了です。

Gradleのインストール

GradleはAndroidアプリのビルドツールです。

SDKMAN!というJAVAのパッケージマネージャーから簡単にインストールできるようになっています。

まず、SDKMANをインストールします。

$ curl -s "https://get.sdkman.io" | bash
$ source "$HOME/.sdkman/bin/sdkman-init.sh"

Gradleをインストールします。

$ sdk install gradle 6.3

バージョンを確認します。

$ gradle -v

Welcome to Gradle 6.3!

Here are the highlights of this release:
 - Java 14 support
 - Improved error messages for unexpected failures

For more details see https://docs.gradle.org/6.3/release-notes.html


------------------------------------------------------------
Gradle 6.3
------------------------------------------------------------

Build time:   2020-03-24 19:52:07 UTC
Revision:     bacd40b727b0130eeac8855ae3f9fd9a0b207c60

Kotlin:       1.3.70
Groovy:       2.5.10
Ant:          Apache Ant(TM) version 1.10.7 compiled on September 1 2019
JVM:          1.8.0_242 (Private Build 25.242-b08)
OS:           Linux 4.15.0-96-generic amd64

上記のように出力されていれば、Gradleのインストールは完了です。

まとめ

今回は、Ionic+AngularJSでスマホアプリを開発するために必要な、Androidアプリビルド環境を構築しました。

次回は、アプリを開発して、開発したアプリをAndroidアプリとしてビルド・エミュレーターで実行するところまで説明します。

参考

Android Studio公式ページ

Android Studio のインストール  |  Android デベロッパー  |  Android Developers
Windows、macOS、Linux で Android Studio をセットアップ、インストールします。

Gradle公式ページのインストール手順

Gradle | Installation
Install the Gradle build tool on Linux, macOS or Windows, either manually or using a package manager like SDKMAN! or Homebrew.

SDKMAN公式ページ

Home - SDKMAN! the Software Development Kit Manager

コメント

タイトルとURLをコピーしました